「アメリカに教えてもらったこと」カテゴリーアーカイブ

アメリカの不良娘・ベッキー Vol. 8

結局その日は、これからの僕の方向性を見いだせるようなアドバイスを斉さんから貰う事は出来なかった。

と言うのも 斉さんは、あれからずっと笑いっぱなしだったから。

後から聞いたんだけど、ベッキーの家に行ってみんなでブッ飛んだときに 斉さんはこっそり葉っぱを持ち帰ったんだそうな。それを独りで楽しんでいるところへ 僕が相談に行ったと言う訳で、だから彼は笑いっぱなしだったのです。

結局僕は悶々としながらベッドに入り、眠りについたが、赤鬼のような大男に追いかけ回され、最後は捕まって頭からバリバリ喰われるという恐ろしい夢にうなされながら朝を迎えた。

今朝は午前中にフライトがあるので、何か食っておかないと集中力が続かない。

ということで、朝食にキッチンで立ったまま、ご飯に生卵と醤油をぶっかけて食べていた。 と、例の見慣れた赤いトラックが空港のゲートからこちらへ向かってくるのが見えた。

ベッキーだ!! やばい!(なぜやばいのか? それはみんなに昨日のことがバレルからか? それとも昨日の夢が現実になるからか?)

冷や汗をかきながらベッキーを迎える。

その日はスターも一緒に来ていた。 そう、ヒッチハイクの時 ベッキーと一緒にいた黒髪の女の子だ。

背が小さいのだけれど エキゾチックで勝ち気な感じの女の子。

実は この女の子に 九州工大のポンが一目惚れ。(この後暫くしてから聞いたのだけどね。)

みんなが
「Good morning! Becky!, Star!」

「Good mornig, Guys! みんな、おっはよ~!」

「 Hi! Bon. What are you doin’? ボン なにしてるの?」

「Having breakfast. 朝飯」

「What are you eating? 何食べてるの?」

「Rice and egg ご飯と卵」

「Where is egg? どこに卵があるのよ?」

「Putting on rice. ご飯にかけてるんだよ」

「Haaaah? は~~~っ?」

「Raw egg on the rice? 生卵をご飯にかけたの?」 「Yak!! まずそ~!!」

アメリカでは生卵を食べる習慣が無いのかな~ なんて考えながら 生卵かけご飯をかき込んで朝食をフィニッシュした。

ベッキーが突然、

「Bon, why did you leave my house before finishing dinner last night? ボン、何で昨日帰っちゃったの?」

あわわわわ…..

前話へ 最初へ 続く

アメリカの不良娘・ベッキー Vol. 7

トレーラーハウスへ向けて車を走らせながら 僕は一生懸命 言い訳を考えていた。

だけれども さっきのベッキーの

『Oh, it’s my husband………..』

といったのが頭にこびりついて離れないので 結局言い訳を思いつかずにレーラーハウスに到着してしまった。

『ちょっと煙草を買いに行ってくる』

といって出てから すでに2時間くらい経っていた。(汗)

『え~い! ままよ!』

『ただいま~』と何食わぬ顔でトレーラーハウスに入っていったら、もう全員それぞれの部屋に篭もっていて、リビングには誰もいなかった。

僕と違って皆さん勉強熱心なんです。(笑)
しかしこのもやもやとした気持ちを何とかせんと、今日寝られないな~と思いながら 斉さんの部屋のドアをノックした。

『お~。どうぞ~。』

『お~。ボンか。どうした?』
と笑顔で斉さん。 こういうときの斉さんの笑顔にはとっても救われる。

斉さんは新宿の歌舞伎町にスナックを2件も持っているらしい。
沖縄から立身出世を夢見て裸一貫で東京へ乗り込み、今のポジションを掴んだんだそうな。

だからとっても頼りになるお兄さんて感じです。(毛深いけど)

今まで一度も怒ったところ見たことないし。冒険大好きって感じで、好奇心旺盛の僕にいつもつきあってくれてます。

『実はね。…. 』 かくかくしかじか…

インポの坪井さんとの一件、ベッキーの旦那の件、ラブレターの件やらを話した。

斉さんは僕の話を聞きながら

『ひっひっひっ』 とか 『かっかっかっ』 とか腹をかかえて笑い転げていた。

こちとら真剣なんですぜ! おっさん!

『ま~、とりあえず目上の先輩を立ててあげたんだから、よし! 感心感心。』

『インポの男を立ててあげたんだから、感謝されんじゃね~の?』 (笑) 『けっけっけっ』(笑)

って 独りで受けてます。

前話へ 最初へ 続く

ブログをまた始めることにしました

 

  8年ほど前に公開していたブログを転記しています。転記が終了しましたので、不定期ですが新しい記事を投稿してゆくつもりです。
お付き合いの程よろしくお願い致します。

8年が経ちブログを読み返してみると、あれも書きたい、これも書きたいと色々な事を想い出しています。

飛行機のこと、人と人との繋がりのこと、失敗談、感動したこと、感謝していること… 等々々。

一番大きく僕の人生観を変えてくれたのがフロリダでの駐在時代の友人達です。 このことも書かせて戴きたいと思っています。

映画 ガンホー の再現のような時を今は懐かしく、また大変感謝をしています。

ブログ再開 ゆっくりと始めさせて戴きます。

敬具

英語が出来ても国際人とは呼べない

仕事の関係で 日本とアメリカを往来する機会が多い僕を知人は『国際人だね~』とよく茶化す。


以前、『国際人』についてある方の記事を読んで、なるほどと納得したことがあるのでご紹介しよう。


国際人とは

 『母国語と異国語を状況に応じて きちんと使い分ける人』

だそうだ。


 当たり前に聞こえるだろうが、実はコレがなかなか出来ない。


 国際人を気取っている人に多いのが やたらと英語を使いたがること。

会話の狭間、狭間にわざと英語単語を鏤め、

 『英語しゃべれるぜ~』 オーラをだしている人は 国際人ではないということナノだ。


 日本にいて 日本人と話をするのであれば 綺麗な日本語で語り

また アメリカで語ることが有れば 普通に英語をしゃべると言うことである。


 僕はまだまだ 『エセ国際人』である。汗

3ヶ月平均スコアアップ100点以上!
リクルートの「スタディサプリENGLISH」から新登場した、
過去最高のTOEIC?スコアを実現する為の本格的プログラムです。

アメリカ人がクリスマスに毎年必ず見る映画

 

私の大好きな映画評論家に 町山智浩さんという方がいる。

この方は現在サンフランシスコのベッドタウン、バークレイ(バークレイ大学があり学生の街でもある…緑に囲まれた大変綺麗な街)にお住まいで活発に活動されている博識の評論家である。

 この方が以前紹介して下さった映画のお話し。

 僕が長年不思議に思っていたこと(こちらで紹介) の答えを教えて下さったお話しである。

 
 アメリカではクリスマスシーズンになると、必ずテレビで放映する映画がいくつかある。

■ チャーリー・ブラウンのクリスマス
   ご存じスヌーピーのアニメである

■ フロスティー・ザ・スノーマン
   古い映画で 雪だるまが主人公の映画

■ 赤い鼻のトナカイ
    古くなつかしい人形アニメ

■ 素晴らしきかな人生
    第二次世界大戦直後に制作された映画

である。

 実はこの映画 公開当時は観客がまったく入らず、この映画のために会社まで設立したフランク・キャップラ監督は会社が倒産し無一文になってしまう。
  『素晴らしきかな人生』というタイトルの映画にもかかわらず この映画のために監督の映画人生が終わってしまう。

 しかし、この映画はだんだんアメリカ人の心の中に入り込んでいく。

というのも会社が倒産したので、この映画の権利が安く売られてしまう。しかし安く売られたが為にテレビでの放映料も安価に押さえられ、結果色んなテレビ局で何回も何回も放映されることになったのである。

 アメリカ人はこの映画を何回も観ている内に この映画は実は傑作なのではないかと気がつき始める。

そして現在も クリスマスの時期になると 映画の傑作として放映されるのである。

何回も観ているのにもかかわらず毎年観ずにはいられない映画、それが『素晴らしきかな人生』なのである。

是非 ご覧頂きたい。


 さて次に 例の不思議なことの答えを教えてくれた映画

■ 34丁目の奇跡
    リニューアルもされている有名なクリスマス映画

この映画はアメリカの有名な百貨店 Macy’s(メイシーズ)の全面協力の下に作られた映画であるが、クリスマスに乗じて商売をする連中を批判する映画である。(笑)

 アメリカではクリスマス・シーズンになるとそのために雇われたサンタクロースが、デパートのコーナーに座って、子供達を膝に乗せクリスマスのプレゼントは何が欲しいかを尋ねる。

 そのやりとりを親が聴いて、子供の欲しい物をそのデパートで買って帰るという仕組みのデパートのプロモーション(商品を売る仕組み)なのである。

 物語はこのプロモーション用のサンタクロースの話である。

 飲んだくれて、いつもへべれけの雇われサンタクロースの代わりにクリス・クリングルと名乗る老人がサンタを引き受ける。

 このサンタは子供から欲しい物を尋ねるが、そのおもちゃが雇い主であるメイシーズのデパートには置いて無いので置いてある他の店の名と場所を教える。

 また、このサンタはどんなおもちゃでも、どこに売っていて、どの店が安いかという情報をどんどん親御さん達に伝える。

 それを聴いたメイシーズの社員は怒る。

 なぜ他の店に行けと言うんだ、おまえを雇っているのはメイシーズでその店ではない、と。


 ところがこのメイシーズの事だけを考えるような自己中心的ではない、お客さんのことを考えてくれるサンタのことが評判になり、お客さん達はこのサンタに会う為にメイシーズに押し寄せる。

 この模様を見たメイシーズの社長も大喜び。『メイシーズは自分の店のことだけを考えているのではなく、本当にお客さんの事を考えてくれているから 他の店の情報も教えてくれるんだ』という評判が立ち、結果メイシーズのお客さんが増えるのだということを理解する。

  これは 『Live and Let Live』という考え方で、 直訳すると『生かすことで生きる』となる。
つまり、『誰かを助けることによって、自分も助かる』という意味である。

 この映画の物語はまだ先に続くが、是非ご自分でご覧になって戴きたい。

[amazonjs asin=”B00EYAXNGK” locale=”JP” title=”素晴らしき哉、人生! Blu-ray”]

アメリカの不良娘・ベッキー Vol. 6

急にそわそわし出した僕を見て ベッキーが

「 What’s happening?  (どうしたの?)」

どうもこうも 旦那が帰ってきたらまずいだろ~…

「 What time is your husband coming back? (おまえの旦那、いつ帰ってくんの?) 」

回らない頭を振り回して英作文した言葉をなんとか搾り出す。

「 He is not coming back today, he is in jail right now.  (帰ってこないわよ。 彼、いまジェイルの中にいるのよ。)」

今日は戻らないことは分かった…ふ~~ぅっ…(とりあえず ホッと一息)

ところで jail (ジェイル)?ってなんじゃ~?

と僕はいつもジーパンの尻ポケットに入れてある三省堂の小型の辞書を取り出して

How do you spell  ‘Jail’ ?
(ジェイルのスペル教えて…)(このフレーズは覚えておくととても便利)

え~っと、 スペルを聴いて辞書を引くと

『はぁ~~~っ???』   『刑務所!!!!』  『なぬぅ~~~?』

またびっくりしてしまった。

「What did he do? (なにしたの?) 」と僕。

ベッキーが答える。

「婦女暴行よ 3人も犯しちゃったんだから… まったくもう!! 」

な・な・な・なに~~~ぃぃぃ?! まじっすか?

今日は本当にびっくりのしっぱなしである。

それで暫く刑務所にいなきゃいけないの  とベッキーは笑いながら答えたが

もう飯どころではない。

と、!! タバコを買いに行ってくるとトレーラー・ハウスを出てきたことを思い出してしまった。

ダブルパンチを受けた僕は慌てて立ち上がり、ベッキーに

また来るね ごちそうさま!!

といって 僕は走ってベッキーのアパートを飛び出した。

前話へ 最初へ 続く

アメリカの不良娘・ベッキー Vol. 5

『ちょっと煙草を買いに行ってくるから車使うね~』

とみんなに声を掛け、その後ドキドキしながら車に乗り込んだ僕は一路ベッキーのアパートへ。

運転中もベッキーに再会後の第一声を、何度も何度も口に出して反復練習。

『Hi, Becky. Please read tnis.

頭の中の僕はハンフリー・ボガード。

『ヨ~! ベッキーちゃんよ、こいつを読んどいて くんな』

なんてね。

しかし、格好をつけている癖に実はとっても臆病者で、たったそれだけのフレーズをお経をあげる坊さんのように何十回と無く繰り返した。

その頃から待つことが出来ない性格の僕は手紙を直接手渡すことしか考えていなかった。

向こうから来るのをまった

車で40分も走るとベッキーのアパートへ到着。

『ウッ! ベッキーの車がある…』

それだけで俺の心臓は口から飛び出しそうになった。

車を一旦アパートの手前で止めて深呼吸。

意を決して イザ アパートへ。

ノックを2回。

『Who is it?(だ~れ?)』とベッキーの声。

『It’s Bon.(ボンだよ)』

僕は顔立ちがボンボンみたいだからとニックネームはBonと呼ばれていた。

命名者はインポの坪井さん。(今思うと、世間知らずという意味で命名したのかも…)

『Come inside.(はいって)』とベッキー

玄関のドアを開け中に入るとベッキーは夕飯の支度をしていた。

マッシュド・ポテトを作っている様子。

『What’s happening?(どうしたの?)』

『P_P_P_P, Please read this.』吃(ども)りながらも何十回と練習したフレーズをなんとか、やっとの事で口から押し出す。

『What is that?

『Love letter …..

し、し、しまった!!!

昨夜この手紙を書いている最中に 一人でラブレターだな~なんて思ってニタニタとほくそ笑んでいたので、それがつい口から出てしまった。

『Oh Yeah?』ベッキーはにっこりと微笑みながら僕の手書きの手紙を俺の震える手から取り上げて読み始めた。

『Any Time!』と手紙を読み終えたベッキーは僕を上目遣いで見直す。

『OK?』と僕。

『Sure.

『Why don’t you having dinner with me?』とベッキー。

た・た・食べたい!! その後 いいことがあるかも知れないし…

頭に血がのぼせた僕は『Yes!』と言ってしまった。

「やった!! ついに金髪と二人っきりで晩飯じゃ~~~」

僕はすっかりのぼせ上がり、訓練仲間の連中に、ちょっと煙草を買いに行くと出てきたことを全く忘れていた。

カウチに座り 金髪ベッキーの立ち振る舞いをボーッと眺めていると 先日大音量で鳴らしたSANSUIのステレオのスピーカーの上にちょこんと写真立てが置いてあるのに気がついた。

カウチから立ち上がり、その写真を見るとベッキーが大男と二人で写っていた。

ベッキーの身長は見た感じ165cm。 そのベッキーが男の肩ぐらいまでしかないから男は2m位はあるんじゃないか?

『デッケ~!!』 僕は思わず日本語でつぶやいた。

それに気づいたベッキーが

『Oh, it’s my husband………..』 後の方は聞き取れなかった。

『ハ・ハ・ハズバンド~~~???』

『こいつが、この大男が旦那? 結婚しているということか~、ゲゲゲゲゲ~』

『ま・ま・まずい!! 僕 今 完璧に間男じゃん! この大男が帰ってきたら殺されるかも!! うぅぅぅ~、まだ死にたくね~…』

前話へ 最初へ 続く

アメリカの不良娘・ベッキー Vol. 4

ベッキーとインポの坪井さんが帰ってきた。

もう午後10時を回っていた。

ベッキーはとても機嫌がよさそうに見えた。

「やったのか?」

俺の心にまとわりつく不安。

ベッキーが帰った後 俺は恐る恐る坪井さんに尋ねた。

「どうでした?」

「ボーリング行って、その後ピザ食べて、ビール飲んで帰ってきた。」

「へ?それだけ?」

ボーリング
「うん、それだけ。」

「そ、そ、そうか!やった! 次は僕の番だ!」

義理を果たした俺は 心の中で密かに叫んだ。

「作戦や、作戦を立てなあかん。」「う~~~ん。」

今までまともなデートを経験していない俺は悩んでしまった。

しかも相手は金髪。

「そうや!手紙作戦や」

昔 小学生の時 弁論大会に出てたし、作文はできるはず。

ということでラブレターを徹夜で書いた。

前話へ 最初へ 続く

アメリカの不良娘・ベッキー Vol. 3

ベッキーが自慢のステレオセットで、「天国への階段」のレコードを大音量でかけた。

高音がこちらへ飛んでくる。

以下、割愛(表現が刺激的すぎるので自主規制)

…….
…….
…….
…….
…….
…….
…….
…….
…….

坪井さんが 「そろそろ帰ろうか」とみんなを促した。

ベッキーに礼を言って CLEARLAKE OAKSを後にした。

その車中、まだ余韻が残る葉っぱの話と、ベッキーとスターの話で持ちきり。 数時間前まで、どちらかというと大人しめで、Written Written (筆記試験、筆記試験)と試験のことしか頭になかった連中が、もう水を得た魚のように、みんなしゃげるしゃべる。

そんな喧噪の中、僕は「ベッキーを俺の彼女にしてやる」と密かに心に誓ったのであった。

翌日 トレーラーハウスでフライト訓練の順番を待つ間、昨日の出来事を俺と坪井さんとで話していたら、

坪井さんが急に

「実は俺、インポなんだよね」

「トル コ(今のソープランド)へ行っても 立たないもんだから いつも女の子の肩をもんで帰ってくるんだ・・・」

「でも、金髪とだったら 立つかもしれん」
(葉っぱもあるし….)

「エ~ッ!!? そんな~~・・・」、と俺は口にも 顔にも出せなかった。

「そうですか、立つといいですね。デート申し込んだらどうですか?」

心にもないことが 口から出てしまっていた。

「そうやな、ボーリングにでも誘うかな?」

「いいですね~、そうしたらいいですよ。」

なんて話していると、アメ車特有の太い排気音が近づいてきた。

ベッキーの車

 

窓の外に目をやると、ベッキーのアパートの前においてあった赤いトラックが近づいてくる。

ベッキーだ!

前話へ 最初へ 続く

 

アメリカの不良娘・ベッキー Vol. 2

それは、

『マリファナ』を経験すること。

『Becky, do you have Marijuana? 』(ベッキー、マリファナ持ってる?)
(因みにマリファナは「マリワーナ」と発音する。)

『Yeah, do you wanna smoke?』(うん、吸う?)
以下日本語表記

『やろう、やろう』と僕。
『いいわよ。じゃあ、アパート寄ってく?』

『よし!』と心の中でガッツポーズの僕。

以下、割愛(表現が刺激的すぎるので自主規制)

…….
…….
Marijuana
…….
…….

Beckyが自慢げにSansuiのステレオセットを指さして、「サンスイ Made In Japan !!」と言い出して

突然 ロック(今で言うヘビメタ)をかけた。

またまたドッヒェ~つ!

前話へ 最初へ 続く

TOEC対策・就活対策今なら間に合うよ
3ヶ月平均スコアアップ100点以上!
リクルートの「スタディサプリENGLISH」から新登場した、
過去最高のTOEIC?スコアを実現する為の本格的プログラムです。

 

マスコミが作るへんてこ日本英語

 

日本でしか通じない言葉や発音はいっぱ~いある(笑)

まずは ご存じ コラーゲン【collagen】

 本場の英語では コラージェン と発音します。

同じ様な へんてこ発音では ゲル【gel】
 
 これは英語圏では ジェル と発音します。

gの発音つながりでこれ。 お下品ね!といわないでね(汗)↓

       ヴァギナ【vagina】….

 本場の英語では ヴァジャイナ と発音します。
 

 アメリカへ行って コラーゲンて発音しても通じないから、覚えておいて損はないですよ。

 つぎにこれも通じない物の代表 バイキング!

  そう、テーブルに色々並んだ料理を取り放題というあれです。

 英語では Buffet。 ビュッフェという人もいるけど 

 バフェィと発音します。アクセントは前にあってフェィ です。

 今日は ここまで…



FCとデータベース

 

アメリカの本屋のチェーン店では当たり前のお話し。

探している本がなかなか見つからないので、仕方なく店員さんに尋ねる。(僕は商品を自分で探すことが好きなので、急いでいるとき以外は店員さんに尋ねない。新しい発見も多々あるしね。)

「『○○○○』って題の本を探してるんだけど…」

「お待ち下さい」と店員さんはコンピューターでデータベースを見る。

「ごめんなさい。こちらの店では品切れですね。取り寄せましょうか?」と ここまでは日本と同じ。

「ここから車で10分の隣町のお店には置いてありますので、お急ぎならそちらへお越しいただけませんか?こちらから連絡しておきます。」と

続けて
「社内便で移動を掛ければ明日にはこちらに到着しますから、明日当店へお越しいただいても結構です。どちらになさいます?」

チェーン店がデータベースを持ってそれを活用すると言うことは こういう事だと思う。

 日本でこういう対応を受けたことは 未だ一度もないし、こちらから隣町の店には置いてないか尋ねるときもある。(そうすると店員さんに、ヘンな顔をされるときもある。)

 それでも無くて取り置きを頼むとひどいときは今時3週間掛かると言われる。

[amazonjs asin=”4434033697″ locale=”JP” title=”サザン・ホスピタリティ―アメリカ南部留学記”]