「オーディオ」カテゴリーアーカイブ

『我が祖国』のベストを探して

スメタナの『我が祖国』を聴いています。レコード盤もあるらしい(父の言)のですが探し出すのが大変なので、手っ取り早くメルカリで300円で手に入れ、それを聴いています。
パーヴォ・ベルグルンド指揮、ドレスデン国立歌劇場管弦楽団。思ったより録音は良いです。しかし、特に弦の押し出しの良くない演奏で、フラストレーションを覚えます。

やっぱり、レコードを探します。それとスメタナを得意とする指揮者を探ってみようと思います。
とFacebookにあっぷしたら、その道の大先輩・先生から助言を頂いた。

xxxx先生より:ラファエル・クーベリック、ヴァーツラフ・スメターチェク、ヴァーツラフ・ノイマン、カレル・アンチェル当りで探すと間違いないですよ。オケはチェコ・フィル一択で。
チェコ・フィルが演奏する「わが祖国」は、ウィーン・フィルが演奏するヨハン・シュトラウスみたいなものなのです。指揮者がアホでもオケが良く音楽を知っているので、ちゃんと音楽になる。そういう意味でもチェコ・フィルで聴かれるのが良いと思います(^o^)

とのこと、父がレコードが家にあるはずだというので家捜し。そして、カレル・アンチェルの我が祖国、発見しました。

カレル・アンチェル指揮、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の「我が祖国」をレコード盤を聴きながら感想をば。

CDの場合は全体に薄っぺらく、心に響くものもなく退屈なだけ。

レコード盤と言うこともあるが今聴いている我が祖国は別物。

心の底から湧いてくる感動とときめきは、僕のもう一つの趣味であるパイプに例えると、口の中に拡がる密のような甘さににている。

これはよいレコードに出会った! 父よ、藤原先生、ありがとうございました。

[amazonjs asin=”B001EX1Q8C” locale=”JP” title=”スメタナ:連作交響詩「我が祖国」 マタチッチ指揮ウィーン放送響”]

ソリスト・オリジナルサントラ盤

【The Soloist】。
同名の映画のサントラ盤。
邦題は「路上のソリスト」。この盤に冒頭から終わりまで流れるチェロは名演奏。

録音も良く、実に素晴らしい。指揮はエサ=ペッカ・サロネン、ロサンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団の名誉指揮者、お気に入りの一枚。

クラシック音楽ファンなら是非とも聴いて欲しいアルバム。

統合失調症により音楽世界からリタイアした元天才音楽家のホームレス、ナサニエル・アンソニー・エアーズが周囲の援助により社会復帰するというノンフィクション映画。

[amazonjs asin=”B001V7DJO0″ locale=”JP” title=”映画「路上のソリスト」オリジナル・サウンドトラック”]

モーリス・ホワイト天に召される(残念)

3年前、モーリス・ホワイト氏が、天に召された。
いつかは彼に会いたいと密かに計画を練っていたのに未だにとても残念。

今日は彼を偲んでアースの歌を聴こうと思う。

それにしてもとっても残念である。追悼に僕が映像、音源供に権利を譲って貰った日本ライブでの在りし日のモーリスをアップする。

僕が音源のハイレゾ化を手がけたアースの日本公演のライブ音源はこちらハイレゾプロバオだーmora

まいった、まいった

hqdefault
長い闘病生活からようやく抜け出し、ブログも書けるようにもなったので、溜まりに溜まった仕事をやっつけ始めている。

そんな仕事の中で今日は『参った』ことがあった。

とあるプロジェクト』でアース・ウインド&ファイアーの音源のハイレゾ化のことを書いたのをご記憶であろうか?

このハイレゾ音源の順調に売上を伸ばしているのだが、さらに売上を伸ばすべくプロジェクトを組んでみた。

それがFM局でのハイレゾ・アース・ウインド&ファイアー特集を組んでもらうこと。

が!

FM局の皆さん、ハイレゾをご存じない….. ま、ま、参りました。再生する装置もないそうです。

とほほほ。

 

ゼンハイザーのハイレゾ対応イヤフォン 流石ヘッドフォンの老舗です
[amazonjs asin=”B073WNBHRS” locale=”JP” title=”ゼンハイザー Bluetooth カナル型 イヤフォン MOMENTUM Free 左右一体型 apt-X/apt-X LL/AAC対応 【国内正規品】 M2 IEBT SW Black”]

アース・ウィンド&ファイアー・プロジェクト 現在

『とあるプロジェクト』が『Erath, Wind & Fire Millennium Concert Japan ’94』のマスターテープからの高音質化(ハイレゾ化)音源の世界配信であることは前回の『とあるプロジェクトとは』で公表させて頂いた。

アース・ウィンド&ファイアーをご存じない方でも、これを観れば(聴けば)、ああ、聴いたことあるときっと想い出されるでしょう。

 

 

著作権の問題も難なくクリアし、ハイレゾ音源配信サイト運営会社さん等へもお邪魔させて頂き、打ち合わせも終了、後は配信を待つのみとなった。

11108374_815291338519793_3492617662257972433_n
ハイレゾ音源’ダウンロード – hd-music.info

11111055_815247465190847_4016470710698242951_n
ハイレゾ音源配信サイト【e-onkyo music】

10520523_815591705156423_8691359353771667995_n
ハイレゾ|音楽ダウンロード・音楽配信サイト  mora

11264833_815350621847198_908472356021554663_n

moraOTOTOY – ハイレゾ音楽配信と音楽記事

等大変有り難い事である。

お忙しい中深夜まで音を追求してくださる等、甚大なご協力を頂いた キット屋の大橋さん、機器をご提供頂いた三浦さんにもここで感謝を述べたく思います。『本当にありがとうございました。』

ここで大活躍をしたのがキット屋さんのアナログからデジタルへ変換するアンプ SV-192A/D である。


AS00475-F1-1
機器説明
SV-192A/Dにおける大きな特徴に民生機世界初となる「可変サンプリングレートA/D(analog to digital)コンバータ」機能があります。姉妹機SV-192SはD/A(digital to analog)コンバータですので分かり難いかもしれませんが機能的には全く逆。つまりSV-192A/Dに入力されたアナログ信号を内部で現在望み得る最高精度のデジタルデータに書き換え、PCやHDDレコーダなど外部録音機器に接続し、半永久的に保存することが出来ます。現在密かなブームになっているアナログ音源(レコード,テープなど)のデジタル化(CDへの焼き直しなど)に対応する為の高音質A/Dエンジンが内蔵されているのです。勿論プロ規格であるAES/EBUフォーマットと民生規格のS/PDIFの双方に対応。さまざまなデジタル入力機器との接続が可能です。

いや〜、皆さんの協力を戴かなければここまでこれなかったと、前回の出張では歩きに歩きまくりました。

そしたら靴が壊れました。(笑)

11014826_815740341808226_4824158337780644720_n

ということで告知です。

以下プロジェクト発動時期の既述です

モーリス・ホワイト絶頂期の幻のジャパンツアー
『Erath, Wind & Fire Millennium Concert Japan ’94』が高音質ハイレゾの音源で間もなく配信開始になります。
ライブのマスターテープかのハイレゾ化された彼らの演奏は、あなたの部屋を感動のライブ会場へとワープさせることでしょう。
配信は2015年6月3日を予定。下記各サイトから配信されます。
(順不同)
ハイレゾ音源配信サイト【e-onkyo music】
ハイレゾ音源’ダウンロード – hd-music.info
ハイレゾ|音楽ダウンロード・音楽配信サイト mora
OTOTOY – ハイレゾ音楽配信と音楽記事
ジェイナビ、ハイレゾ音源配信サイト「HIGHRESAUDIO.jp」

発売まで 後15日 iTunes Store では近々予約の受付も始まります。(ハイレゾではありません)

フェイスブックページもあります https://www.facebook.com/EWF94JAPAN

いいねを押してくださった方には抽選で無料ダウンロード用クーポンも準備中!!

『Erath, Wind & Fire Millennium Concert Japan ’94』

高音質ハイレゾの音源・無料ダウンロード用クーポン応募の 『いいね』 のボタンは矢印の位置にあります

PCでご覧になっている場合
FaceBook

モバイルでご覧になっている場合ハイレゾ

 

以上、応援よろしくお願い致します。

ハイレゾプロバオだーmora ハイレゾ音源 アース・ウィンド&ファイアー 日本公演

とあるプロジェクトとは…

前回の更新で【とあるプロジェクト】のその後をお伝えしたが、日本国内外から契約書が毎日届くまでになった。

本当に有り難い事です。

以前お伝えしたように本契約が決まったらアーティスト名を公開するお約束でしたのでコチラで公開させて頂くこととする。

アーティストは EARTH WIND & FIRE (アース・ウィンド&ファイアー) マスターテープは1994年4月に日本武道館で行われたミレニアム・コンサート。

配信日が決定次第又お知らせしたいと思うが、一部をご覧頂こうと思う。音は高音質化はされていないのでご容赦頂きたい。

僕が音源のハイレゾ化を手がけたアースの日本公演のライブ音源はこちらハイレゾプロバオだーmora

とあるプロジェクト その後

『とあるプロジェクト』その後

前回お知らせした後、ハイレゾ配信のサイト大手さん、計6社から引き合いを頂いている。有り難いことです。

アーティストがビッグネームでかつハイレゾの配信は初めてになるからに他ならないのであるが、協力を頂いた大橋さん、三浦さんの技術力に寄るところも大きい。

来週は契約に上京の予定。契約終了後アーティストを発表します。

マスターテープからハイレゾ化をするに当たって以下の機器を使用しています。

大橋さん設計 SV-192A/D

b0350085_22584384

ハイレゾ化の模様は大橋さんのブログをご覧下さい。

真空管バッファを使ったハイレゾ音源の公開配信は世界で始めてかも知れません。

つづく

とあるプロジェクト2

収録(とは言ってもベーターカムのマスターテープからサンパチ・ツートラのオープンリールへのダビングだが)日が明日と決まった。

サンパチ・ツートラのデッキが古いので上手く出来るか不安だとスタジオのオーナーが言う。
でも、正直にそう話して下さるのが嬉しい、その言葉で僕は収録のスタジオをここに決めた。

初めてのことなので不安はある。

マスターテープの音を聴けていないので、思うような音質で仕上がるだろうか?

サンパチ・ツートラのオープンリールは2500ftなので30分しか録音できない。2本用意してあるが60分のマスターテープの音楽を上手く切って、繋ぐことができるだろうか?

収録が長引いて、予算をオーバーしないだろうか?

等々等。

しかし、この不安はワクワク感の裏返しでもある。

上手く仕上がって、聴いて下さる皆さんの唸る声、喜びの顔を想像するとやる気がみなぎる。

先回のブログの内容にたどり着くまで足かけ2年。ハリウッドの音源権利保持者とのやりとり、トラブルなどで費やした日々が走馬燈のように頭の中を駆け巡る。

先はまだ長い。でも今日の僕は幸福感で一杯。

明日が楽しみだ。

IMG_0821

とあるプロジェクト

まだ詳しくはお話しできないのですが、とあるプロジェクトを進めています。

僕自身がとても好きなオーディオ関係なのですが、色々と難関が待ち受けておりました。

このプロジェクトはアナログ音源をハイレゾにして配信すると言う物なのですが、最強のアナログ音源を入手したのは良いけれど、再生機器が稀少な物で近場でこの効きを持ち合わせているところを探すのに一苦労。

その再生機器がこれ

bmisaito-img600x400-1383434586v6vyhe62933

音源が入ったマスターテープはVHSビデオテープの倍以上の大きさ

IMGP3548
で、このマスターテープをこれまたアナログの38(サンパチ)2トラックのオープンリールへダビングすることが出来ないとプロジェクトが始まらない。

74912552
心強い友人の紹介で 上記機材が揃ったスタジオを見つけることが出来たが、今度はブランクのオープンリールテープの入手が困難だと分かった

しかし文明の利器 インターネットで探しまくってようやくゲット。明日到着の予定。
ふぅ〜っ….

さあ、いよいよプロジェクト始動です。

7737195

つづく

輸入盤CD vs 日本盤リマスターCD

結論から申し上げます。全くの別物です。軍配は 輸入盤の圧倒的な勝利
大まかな違いを述べると日本盤は中域に毛布をかぶせたように音がこもり定位がはっきりしなく頭の中に靄がかかった感じでフラストレーションが溜まります。
輸入盤は毛布を剥いだ音。定位がはっきりし、バックコーラスの位置、奥行きを聞き取ることが出来ます。また、日本盤では聴こえなかった色々な音を認識できます。特にエレキベースの弦を弾くアタック音が聞こえるのにはびっくり。
ELOのCDを購入される予定の方には 輸入盤が超お勧めです!
アナログのレコード盤はもっと音が良いと思います

IMG_0536

IMG_0537

IMG_0541

[amazonjs asin=”B004097KHI” locale=”JP” title=”Electric Light Orchestra (Original Album Classics)”]

瞬時に音質をリマスタリングしてくれるウェブサイトでの実験

昔アメリカのFMと提携して製作したKWAVというCDの音質に納得がいかず、リマスターを手がけていたら、簡単にリマスタリングしてくれるサイトが現れました。

https://www.landr.com ここで一瞬で高音質へ変換できます。 実験しましたので公開致します。