日本人の多くが中学校から高校、大学と英語を学ぶのに会話できない、発音すればカタカナ英語。

英会話の発音、アメリカ人みたいに発音するには、実は簡単な法則があります。

最近の若い人達は耳から聞いて英語を覚えている人が多いせいか「PARTY」をパーティーと読まず「パーリー」と読んでいますね。

これがアメリカ英語です。

パーティー

『パーリー・タイム』

同じように「BETTER」は「ベター」でなく『ベラー』。

「GOT IT」は「ガット・イット」ではなく『ガリッ』。

「MATTER」は「マター」ではなく『マラー』。

ここでお気づきだと思いますが、TTの発音はラ行の発音に変わると言うことです。

英語と米語は発音の仕方が違うので、あくまでアメリカ英語では、こうだと覚えて下さい。

思いついたら書き足していこうと思うので、ご興味があればまた覗いてみて下さい。

米語の正しい発音を勉強したい方は『カーペンターズ』の音楽をきくと参考になります。

それでは、ご機嫌よう。