アメリカの不良娘・ベッキー Vol. 7

トレーラーハウスへ向けて車を走らせながら 僕は一生懸命 言い訳を考えていた。

だけれども さっきのベッキーの

『Oh, it’s my husband………..』

といったのが頭にこびりついて離れないので 結局言い訳を思いつかずにレーラーハウスに到着してしまった。

『ちょっと煙草を買いに行ってくる』

といって出てから すでに2時間くらい経っていた。(汗)

『え~い! ままよ!』

『ただいま~』と何食わぬ顔でトレーラーハウスに入っていったら、もう全員それぞれの部屋に篭もっていて、リビングには誰もいなかった。

僕と違って皆さん勉強熱心なんです。(笑)
しかしこのもやもやとした気持ちを何とかせんと、今日寝られないな~と思いながら 斉さんの部屋のドアをノックした。

『お~。どうぞ~。』

『お~。ボンか。どうした?』
と笑顔で斉さん。 こういうときの斉さんの笑顔にはとっても救われる。

斉さんは新宿の歌舞伎町にスナックを2件も持っているらしい。
沖縄から立身出世を夢見て裸一貫で東京へ乗り込み、今のポジションを掴んだんだそうな。

だからとっても頼りになるお兄さんて感じです。(毛深いけど)

今まで一度も怒ったところ見たことないし。冒険大好きって感じで、好奇心旺盛の僕にいつもつきあってくれてます。

『実はね。…. 』 かくかくしかじか…

インポの坪井さんとの一件、ベッキーの旦那の件、ラブレターの件やらを話した。

斉さんは僕の話を聞きながら

『ひっひっひっ』 とか 『かっかっかっ』 とか腹をかかえて笑い転げていた。

こちとら真剣なんですぜ! おっさん!

『ま~、とりあえず目上の先輩を立ててあげたんだから、よし! 感心感心。』

『インポの男を立ててあげたんだから、感謝されんじゃね~の?』 (笑) 『けっけっけっ』(笑)

って 独りで受けてます。

前話へ 最初へ 続く

40年前、飛行機の操縦免許を取得する為渡米した頃からのアメリカの裏事情の紹介、現在のアメリカの新製品、新ビジネスとその裏側等を回顧録を含め綴っています。僕の趣味やプロジェクトも紹介しています。