セイム・タイム( SAME TIME )

 

日本のファミリーレストランやちょっとしたレストランで食事をする際 とても気になることが有る。


それが表題の『セイム・タイム( SAME TIME )』


アメリカで食事をするとき 気になったことが無いことのひとつに この『セイム・タイム( SAME TIME )』がある。


言い回しが変か? (笑)


家族や友人等と一緒に複数で食事に行ったとき とても困るのが オーダーしたものが同時に出てこないこと。


まだ来ていない料理を待つ連れ合いを前に、先に出された料理に手を付ける時の気まずさ。

気を使って相方の料理を待って冷めた料理を食べる時のむなしさ。


これが 日本のレストランで気になることのひとつである。



ところが アメリカではこれがあまり気にならない。 というか ほとんど同時に出てくる。



これは オーダーされたものを『セイム・タイム( SAME TIME )』(同時、同じ時)にサーブするということが お客様に気を配ることの証であり、サービスの一環だと言う考え方が根付いているからだ。


日本のファミレスが面の展開でその升目の数を競っていた頃のほうが 今よりサービスが良かったと思う。


是非 お客本位のサービスに再度 力を注いで欲しい物だ….



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください