英語で話しかけたいのだけれど、単語が出てこなくて困ることが多くないですか?

それは英語の単語が身についていないからです。

英語の単語が身についているかどうかを調べる簡単な方法があります。

英語で○○○と言われて1秒以内に意味を即答できますか?

日本語で○○○と言われて英語に直せますか?

Thank you, ありがとう。 考えなくても胸で意味が分かりますよね。

これくらいのスピードで、日本語からでも英語からでも意味を考えなくても胸で感じて、スゥッと口から出るのが理想です。

以前『なぜ英語が話せないんだろうか?』でかいたけれども、ハーレム街の黒人は500語で日常会話をしている。

日本の中学生は1,500語を覚えて卒業するはず。

この1500語を胸からスゥッとだせれば日常会話に困ることは無い。

古い本だけれども同じ考え方で5,000語を覚えることが出来る参考書があるのでご紹介しよう。

僕もこれで大分単語を覚えたのですよ。超お勧めです。

赤版・奇跡の英単語―必須5,000語が1カ月の連鎖記憶法でOK

画像にリンクを張っておくので興味のある方はどうぞ、但し廃版なので中古で少し高いかも。

それと赤版で無いと意味ないです。青版はお薦めしません。

赤版・奇跡の英単語―必須5,000語が1カ月の連鎖記憶法でOK (ノン・ブック)